通信制高校の費用負担はどのくらい?

通信制高校にも公立と私立があります。
それぞれに違いがありますが、費用負担の面では差が歴然としています。
それにともなって長所もまた、違いがあるものです。


<公立の費用負担>

公立の通信制高校においても若干の違いがありますが、おおよそ入学金は500円。諸経費4000円程度です。
1年の授業料は1〜3万円程度で、教科書や学習費などで年間1万円前後かかりますが、生活状況などの要件をクリアすれば、無償となるケースもあります。
様々な奨学金制度の利用や優遇処置、割引などもありますので、経済的に負担が小さくなるよう取り図られています。
「経済的な理由で断念せざるを得ない」ということが極力ないように、配慮されているのです。
ただしフォローという面では手薄であり、自分自身の信念をしっかり持たなければ続かないということも、実際にはあります。


<私立の費用負担>

私立の通信制高校の場合は、入学金も2万円程度のも学校から10万円程度の学校まで様々です。
年間の授業料も20万からそれ以上の学校もありますし、その他に施設設備費や教材費、スクーリング費用、諸費などが掛かる場合もあり、年間にして40万円程度の費用負担があると考えてよいでしょう。
それでも私立が選択されるには、学習面や進路へのフォローが手厚いということにあります。
公立においてもスクーリングはありますが、私立はネット面談なども充実させ、先生とのコミュニケーションが更に図れるようになっています。
そういったことから日々の学習計画や卒業、その後の進路の設計も立てやすくなっているのです。



Comments are closed.