通信制高校とフリースクールの併用は?

通信制高校の卒業率は全体的に5割を切り、この低さは学習や進路に対する指導といったフォローがないことが大きな原因となっています。
しかし安い学費で自分のペースで卒業を目指せるということは通信制高校のメリットとして設置された制度ですから、公立がこれを行うことは困難です。
そこでフォロー体勢を別の学校に求めるという生徒も増えました。
無許可の「学習塾的な学校」には、サポート校とフリースクールがあります。
通信制と併用するならば、どちらが向いているのでしょうか。


<フリースクールと通信制高校>

サポート校もフリースクールも、無許可校の学習塾的なものであることは変わりませんが、内容的には違いがあります。
フリースクールは主に不登校になってしまった生徒のフォローを行うフィールドで活躍しています。
学習指導要領などの枠を意識せず、自由で創造性の高い教育を目指しています。
既存の学校に在籍している生徒については、フリースクールに通った日数を校長の裁量によって出席日数に換算するなど処置も行えるようになりました。
そのような特性から、授業が必ずしも通信制高校のカリキュラムに沿って行われているわけではありません。
通信制高校のフォローとしても「人間形成の学び」という面から考えると機能しないわけではありませんが、単位を取得して卒業を目指すという面で充実させているものは少ないようです。

高校を中退された方はこちらも合わせて参考に>>>高校中退のモミナ



Comments are closed.